ぷーやんの旅ときどき人生。

世界一周から始まった人生という長い旅の記録です。

【世界一周】トルコ(イスタンブール)の滞在費用やら観光やらグルメまとめ


メルハバ !(トルコ語でこんにちは)
それぞれの国のことまとめたいな~ってずっと思っててやっとこさまとめてみたよ٩( ᐛ )و
まずは1カ国目でなければ最後の国でもないトルコのイスタンブールから~。



トルコ(イスタンブール)の基本情報


ビザ:90日以内であれば不要
言語:トルコ語
通貨:1TRY(リラ)= 27円
※2018年3月現在
宗教:イスラム教
四季:国土が広大なため気候は都市によって異なる。ベストシーズンは5~10月頃
時差: - 6時間
wifi:ゲストハウスでは問題なく使用可能。サビハ空港には無料wifiはありません。
電圧:220V
プラグ:C・B・SE
治安:夜出歩いても問題なし
主な交通手段:トラム・メトロ



イスタンブールといえば…?

世界三大料理と言われるトルコ料理が有名です。
三大料理と言われる割にはという感じですが、B級グルメのサバサンド濡れバーガーなどおいしいものはたくさんあります!


注意点

ATM情報

Yapi Kredi Bankという銀行のATMは手数料無料です。
DENIZBANKは手数料が7%かかります。高っ。


ネット規制に関して

Booking.comとWikipediaが使用できませんが、VPNを使えば使用可能です。


費用

イスタンブールに滞在したのは2018/3/16〜21の6日間
宿は安いところを選べば費用を抑えることができるけど、食費は思ったほど安くなかったなー。

6日間の滞在費まとめ

・食費: 156TRY(4227円)
・宿泊費: 272TRY(7331円)
・観光費:32TRY (864円)
・移動費:18TRY(491円)


  合計:478TRY(12,913円)
※レートは2018年3月時の1TRY=27円で計算


食費・物価

・チキンケバブ:3TRY〜
・外食:15TRY〜(シェアすれば10TRYくらい)
・水1.5L:2TRY
・ポテチ1袋:2.5TRY

1食あたり12TRY×5日 = 128TRY
その他(アイスやお菓子) 30TRY

合計:156TRY(4227円)
※朝食はすべて宿泊料金に含まれていたので、昼と夜のみ


観光費

・地下宮殿 20TRY
・シーシャ 12TRY

合計:32TRY (864円)


宿泊費

・HANCHI 1泊 24TRY ×1
・Agora Guesthouse 1泊 62TRY×4

合計:272TRY(7331円)


移動費

・バス(一律) 2.6TRY
・フェリー(片道) 3TRY
・トラム(一区間) 2.6TRY
・マーマリー(一律)1.95TRY

合計:18TRY(491円)




グルメ

濡れバーガー(Islak Burger)


お店:カドキョイの飲食街のどこか
価格: 10TRY(269円)
サバサンドがイマイチだったから期待してなかったけど普通においしかった。”濡れバーガー”という名の通り、バンズにタレがしみているハンバーガー。サイズも小さいのでペロリと食べられるし女性にオススメ。イスタンブールのB級グルメが食べたいならサバサンドより俄然こっちを推すわ。


ドネルケバブ(Döner Kebabı)


お店:Dönerci Şahin Usta
価格:23TRY(620円)
ここのお店のはピタというパンに挟んで食べます。確かパンの種類が選べたかな。ちゃんとパンにも肉汁をしみ込ませてくれるのでおいしかった。おいしかったけど、ギョレメの宿と同じ値段はコスパが合わないかな…。


サバサンド(Balık Ekmek)


お店:DERYA CAFE
価格:10TRY(269円)
B級グルメと名高いサバサンド。バケットに焼いたサバと少しの野菜を挟んだだけのシンプルなサンドイッチ。味付けはお好みで塩とレモンをかけて食べるんだけど、これは完全に好みが分かれると思う。好きな人は好きだけど、味が濃いめが好きな人には無味に感じちゃうかもね。ちなみにわたしの感想は「サバはお米と一緒に食べたい」でした。


羊の胃袋のスープ(Işkembe Çorbası)とトルコ風肉だんご煮(Izmir Köfte)


お店:DERYA CAFE
価格:合わせて20TRY(269円)
奥がイズミル・キョフテ、手前のイシュケンベ・チョルバス。イズミル・キョフテは想像通りの味だったけど、イシュケンベ・チョルバスは個人的にヒット。豚骨スープのようなこってりした感じがクセになるスープ。途中レモン汁で口をさっぱりさせながら飲むと病みつきになる。お酒好きな人は好きなんじゃないかな。一緒に行った子たちはイマイチだったみたいだけどわたしが最後まで完食♡もう一回飲みたいなー。


ムール貝のピラフ詰め(Midye Dolması)


お店: Öz Şampiyon Kokoreç
価格:11 TRY(296円)
これは日本人が好きな味だと思う。でもでもできれば温かいの食べたかったーというのが正直な感想。冷たくして食べる料理だから仕方ないけどね。レストランじゃなくても露店でも買えたりするよ。


キョフテ(Köfte)


お店:Kofteci Ramiz
価格:15TRY(404円)
地球の歩き方に載っていたお店だけど、感想は「うーん…」って感じ。別にここで食べなくていいしこの金額出すなら他でもっとおいしいものが食べれると思う(笑)


ココレッチ(Kokoreç)


お店: Öz Şampiyon Kokoreç
価格:9TRY(242円)
ざっくりいうとホルモンサンド。詳しくいうと羊の腸などを棒にぐるぐる巻きにして焼いた後、野菜と一緒にスパイスをかけて炒めてパンにはさんだものなんだけど、味云々の前に具が少なくてコメントしづらい!もっとちゃんと具が入ってればおいしかったのかな…。


クンピル(Kumpir)


お店:カドキョイの飲食街のどこか
価格:12TRY(323円)
誰かのブログでイスタンブールで食べたものの中で一番美味しいって書いてあったから期待してたのに、お店が悪かったのかイマイチだった…。っていうかわたしじゃがいもは好きだけどじゃがバタはあんまり好きじゃなかったわ(笑)全部乗せはもはや何がなんだかわからない味になるので、トッピングは2種類くらいが良いかと。


ロカンタ(食堂)で食べたもの


お店:Pratik Self Servis
価格:10TRY(270円)
HANCHIに泊まったらぜひ利用してほしいロカンタ。パンは無料でついてくるからおかず1品だけにすれば8TRYから食べれる。名前は知らないけどお魚も煮込みもおいしかったな~。二人でシェアして一人あたりの値段。


観光

地下宮殿


入場料:20TRY(541円)
写真撮ったはずなのにフォルダ見たら残ってなかった…。アヤソフィアと違ってちょっと並んだだけで入れたけど、入ってしばらくしたら動悸がしだして眼圧が上がって目が飛び出そうだった。
一緒に行ったタケさんはなんともなかったけど、わたしは具合が悪くなってしまったので早々に退場。暗所恐怖症でもないしあそこにはなんかいるんだと思ってる。霊感ある人はお気をつけくだはれ-ω-


シーシャ


費用:12TRY(323円)
1つのシーシャを3人でシェアしてそれぞれチャイを1杯ずつ頼んで一人あたりこの金額。別にシーシャもチャイもおいしくなかったけど、チャイハネの雰囲気を味わうために訪れてみるのはいいかも。


宿(ゲストハウス)

Hanchi Hostel

1泊:€5.4
部屋タイプ:ドミトリー/朝食付き
エジプトで出会ったタケさんが先に泊まってたのでジョイン。
アクセスが悪かったり治安の悪い地域の一歩手前だったりでロケーションはあんまり良くないけど、宿としてのコスパは良き。
朝食はチーズ、オリーブ、トマト、パンに紅茶とコーヒーがおかわり自由。

バスルーム自体は綺麗なんだけど、宿泊者の使い方が悪いのかビチョビチョなのが嫌だったな…。
女子ドミ予約したけど最初は男子ドミに案内されて、気が付いたら女子ドミになってた(笑)

エミノミュから30分ほどで坂も多いから歩きだと大変だけど、近くに3TRYのケバブ屋さんやロカンタ(食堂)があって食べるものには困らないのは良かった◎

Hanchiの予約はこちらのページからできます。


Agora Guesthouse


1泊あたり:€12
部屋タイプ:ドミトリー/朝食付き
イスタンブールの有名な日本人宿。
ブルーモスクや地下宮殿も近くてバスでもトラムでもアクセスできるしロケーションはいい。
ただ観光地が近い分、安い食事はちょっと離れたところまで歩かないとないのがデメリット。

屋上のテラスは素敵だけど、わたしが行ったときはずっとペンキ塗っててあまり居心地は良くなかった…かな( ̄▽ ̄)
オーナーさんはすごく感じがいいんだけど、それに反して一人めちゃめちゃ感じの悪いおじさんスタッフがいるのが残念。
日本人スタッフがいるのは心強いんだけど、最初の説明の時にメールアドレスを書かされる&Booking.comのレビューを書くよう強制されるのがちょっとなー。
チェックアウトした後にも催促のメールが来たのでわたしには合わなかったなーと思う。

確かに朝食はレビュー通りいいけど、日本人が集まる宿じゃなかったら来ないかなって言うのが正直な感想です。高いしね。
あ、水回りは問題ないです。


Booking.comのページはこちらです


感想

イスタンブールに訪れる前にいたイランがご飯が全然おいしくなくて弱っていたので、世界三大料理と言われるトルコ料理ををめちゃめちゃ楽しみにしていたけど、期待しすぎたせいか「こんなもんかあ」っていうのが正直な感想でした。


確かにおいしいものはたくさんあった!でも空港も街中もタバコくさいし、ずっと中東を旅していてアラビックなものにも心躍らなくなっていたので、イスタンブールにまた来たいかと聞かれるともういいかな(-ω-)

あ、カッパドキアはまた来たい!カッパドキアの記事はこちら。
www.puuyaan.tokyo



これからイスタンブールに行こうと思っている方には行く気を削いでしまう感想で申し訳ないm(_ _)m
タバコが苦手なので、空港からの出だしの印象があまりよくなかったせいもあると思う。先入観ってやつですかね。
でも街自体はそんなにおもしろくなかったけど、イスタンブールでおもしろい人にたくさん出会えたのでそれは良かったと思ってる。
おかげでその後にジョージアに行くことになったし。


これから行く方で、一人旅ではなく友達や誰かとすでに一緒に行くことが決まっているなら、ゲストハウスに泊まるよりホテルに泊まった方が楽しめると思う。
わたしの経験を活かしてどうぞ楽しい旅にしてくださいな(*・ω・)ノ



▼こちらも合わせてどうぞ▼
www.puuyaan.tokyo