ぷーやんの旅ときどき人生。

世界一周から始まった人生という長い旅の記録です。

【世界一周】フィリピン(セブ島)の滞在費用やら観光やらグルメまとめ

f:id:puuyaan:20181108224641j:plain
マガンダン アラウ!(タガログ語でこんにちは)

世界一周6カ国目、フィリピン編です。
フィリピンは観光ではなくセブ島留学が主な目的だったのでほとんど観光はしてません。(台風直撃してたし…)
が、留学の前にちょっとだけラプラプ島に滞在してたのでそのことをメインに書きたいと思います。

フィリピンの基本情報


ビザ:30日以内なら不要 
言語:ピリピーノ語・英語
通貨:1PHP(ペソ)= 2.2円 
※2017年12月現在
宗教:カトリック
四季:雨季(6~11月)と乾季(12~5月)。ベストシーズンは12~2月
時差: -1時間
wifi:使えるがあまり良くない
電圧:220V
治安:最低限気をつければ問題ないが、夜は出歩かない方がいい
主な交通手段:シプニー・タクシー



フィリピンといえば…?

食べ物ではマンゴーが有名です。一時期、日本でドライマンゴーが流行しましたね。
現地は安いかと思いきや全然安くありませんでした。

また、セブ島留学に来る方も多くいます。実際にわたしも留学が目的でフィリピンに訪れました。
セブ島留学は韓国人が先に始め、今では日本人も多くいますが、ベトナムや中国、サウジアラビアなどの中東から来ていました。


注意点

ATM情報

フィリピンのATMではほとんどのATMが一度に10,000PHPまでしかおろせません。
BPIというATMでは20,000PHPまでおろすことができました。


出国に関して

セブ空港利用に限り出国税750PHPかかります。マニラ空港利用の場合はかかりません。ドル払い可。


税金に関して

宿泊費とは別に市税がかかります。
ラプ=ラプ市は3%、セブ市では市税0.75 % です。


タクシーのぼったくりに注意

フィリピンのタクシーはメーターを稼働させないぼったくりタクシーが多くいます。わたしも空港からゲストハウスに向かう際、疲れきっていたため注意力が落ちておりがっつりぼったくられました。
空港からはもちろん、市内を走っているタクシーに乗る際は必ずメーターを稼働させるよう言いましょう。

もしくは、配車アプリのGrabを使うことをおすすめします。
以前はUberが使用できましたが、2018年4月をもって終了しているので注意してください。


費用

滞在期間:2017/11/29〜2017/12/23(27日間)

27日間の滞在費まとめ

・食費:3891PHP(8561円)
・観光費/雑費:8112PHP(17,848円)
・宿泊費:4944PHP(10,877円)
・移動費:841PHP(1851円)
・その他:56,346PHP(123,963円)


合計:74,136PHP(163,100円)


食費・物価

・ファストフード:35PHP〜
・パン:5PHP
・水500ml:20PHP


合計:3891PHP(8561円)


観光費・雑費

・ ダイビングライセンス合宿:8112PHP(17,848円)


合計:8112PHP(17,848円)


宿泊費

・ディー ゲストハウス 1泊525PHP×3(3455円)
・ハロルズ ホテル 1泊3374PHP×1(7422円)


合計:125MYR(3381円)


移動費

・ジプニー:8PHP〜
・タクシー:205PHP〜


合計:841PHP(1851円)


その他

・セブ島留学(食事・寮込):56,346PHP(123,963円)


合計:56,346PHP(123,963円)




グルメ

フィリピンでグルメっていうグルメに出会えなかったんですが、とりあえず食べたものをご紹介(笑)
フィリピンでは全然食を楽しめませんでした…。

やきとり

f:id:puuyaan:20181108211224j:plain
お店:ディーゲストハウスの近く
価格:2本で25PHP(11円)
「夜だし具合も悪いしでもご飯食べないと…」と出た先にあったお店。子どもが店番してました。
英語も通じるしテイクアウトもできます。テイクアウトで来て、焼いている間店内の椅子で待っているお客さんがちらほらいました。
ご飯は子どもが笑いながらモリモリにしてくれます(笑)


パン

f:id:puuyaan:20181108211311j:plain
お店:いたるところにある
価格:5PHP(11円)〜
セブ島はもちろんマクタン島にもBakeShopがたくさんあります。
わたしは小麦っぽさがあるパンやケーキが好きなのですが、フィリッピンのパンやケーキはそんなわたしにドンピシャの味でした。
フィリピン料理は口に合わなかったけど、パンとケーキだけはお気に入り♡


ファーストフード

お店:Jollibee
価格:100PHPくらい
フィリピンの国民的ファーストフード店、その名もジョリビー。みんなだいすきジョリビー。マックよりもジョリビー。
安いし味も悪くないのですが、生きるために食べたなーくらいの記憶しかありません。(見映えも悪くて写真すら撮らなかった)


観光

ダイビングライセンス合宿

施設:A and B DIVE SHOP
料金(オープンウォーター):8000PHP(17,848円)
韓国人経営のダイバーショップで説明は英語ですが、わかりやすくゆっくり話してくれるので英語が多少理解できる人であれば問題ないと思います。
日本人御用達のダイバーショップなので留学の合間に参加している日本人がたくさんいました。日本人スタッフもいます。

オープンウォーターで2日間の食事と1泊が含まれてこの価格でした。
宿泊施設はドミトリーでしたが、一応wifiもありました。
費用は8000PHPだったのですが、レートの関係でかかった費用では8112PHPとしています。


ダイビング合宿についてはこちらの記事に書いています。
www.puuyaan.tokyo


フィリピン留学

費用(3週間):56,346PHP(123,963円)
世界一周者が旅の最初によく訪れるセブ島留学です。
わたしも旅の途中で留学を決めましたが、実際にこれから世界一周に出るという方も何人かいました。

入学金や諸費用すべて含めてこの価格です。
詳しくはこちらの記事にまとめています。

www.puuyaan.tokyo


宿(ゲストハウス)

ディー ゲストハウス(DEE Guest House)

1泊:525PHP(1155円)
部屋タイプ:ドミトリー
マクタン空港の近くにあります。ドミトリーはカーテンで仕切られていてパーソナルスペースが確保しやすいです。
日本人経営ですが、オーナーは不在でスタッフはフィリピン人でした。
アメニティは充実していますが、場所が少しわかりにくかったです。


ディー ゲストハウスの予約はこちらからできます


ハロルズ ホテル(Harolds Hotel)


1泊:3374PHP(7422円)
部屋タイプ:スーペリア ダブルルーム
空港から近くバスタブ付きという条件で探した最安のホテルがここでした。
とてもきれいでバックパッカーのわたしにはもったいないくらい。
口コミで朝食のバイキングがかなり評判がいいのですが、フライトが早朝だったため利用することができず本当に残念です。

宿泊費とは別に消費税/VAT12 % 、 市税0.75 % 、 施設サービス料10 %がかかります。


ハロルズ ホテルの予約はこちらからできます


感想

心が死んでいる時に訪れたので環境云々ではなくただこの時期が辛かった気がします。
そんな中でも、ダイビングスクールや語学学校の人たちと過ごした日々は楽しかったと思います。
なかなか会う機会はないものの、インスタやFacebookなどのSNSで繋がっているのでそのうちまたみんなで会えたらいいなーと思っています。

▼こちらも合わせてどうぞ▼
www.puuyaan.tokyo
www.puuyaan.tokyo