ぷーやんの旅ときどき人生。

世界一周から始まった人生という長い旅の記録です。現在は日本に一時帰国中。

もらったけどいらないプレゼントどうするか問題について

f:id:puuyaan:20180802135455j:plain
みなさん、もらったけどいらないプレゼントってどうしてます?


とりあえず持っておく

家族にあげちゃう

売る


…とか人によってさまざまだと思います。



プレゼントって、「相手に喜んでほしい」っていう気持ちが形になったものだとわたしは思ってます。
だから贈り物って素敵だなって思うんですよ。


でもプレゼントって時として贈る人の自己満足になっちゃうこともあるとも思う。
「相手に喜んでほしい」って気持ちはすごく素敵なんだけど、果たしてそれをあげて本当に喜んでくれるのか?相手にとって不必要なものじゃないかってところまで考えてプレゼントだと思うのね。



少し前に【被災地に千羽鶴はやめるべき議論】があったけど、これも似たような話で、
「人の気持ちを考えてない」とかいろいろ議論があったけど、わたしは送る側こそ人の気持ちを考えてないなーと思った。
だって折り鶴もらってもお腹はいっぱいにならないしお風呂は入れないし、家があって食べるものがあるっていう生活の基本が成り立っていない時にもらって嬉しいものじゃないもん。


本当に相手のことを思うなら相手がほしがるものをあげるべきだし、被災地を例にするなら本当に必要なものは折り鶴じゃなくて義援金なんですよ。
例え数百円だったとしても折り鶴の折り紙代と送料を義援金として寄付したら被災地の人の助けになるし、
義援金を送るのも折り鶴を送るのも元は同じ被災地の人のために何かしたいっていう気持ちであって、それを自己満足にしちゃうかちゃんと相手にとって価値のあるものとして届けられるかの違いだと思うのね。



わたしは自称ミニマリストなので基本的にモノを持ちたくないし、モノがあることでストレスを感じちゃう。
たくさんあっても管理しきれないし、いろいろなものを所有するよりひとつのものを長く大事に使っていきたいと思ってる。

だから最近は洋服なんて買わないし、ほしいとも思わない。(そもそもバックパッカーは持てる荷物に限界があるから必然的に着回すことになる。)
今あるもので満足してるし、むしろまだいらないものはたくさんあると思ってる。



自論だけど、使わないのに所有しているのはモノに失礼だと思っているから、わたしは自分が使わない・必要ないと思ったものはなんでも売る。
それはお金云々じゃなくて、必要としてくれる人にもらわれた方がモノも幸せだと思うから。

わたしはその考えは間違ってないと思ってるし、それを冷たいとか思われちゃうのは心外だけど、わたしにはわたしなりの思いやりだったり信念があるからそれは仕方のないことなのかなって思うようにしてる。
でもやっぱり冷たいって言われると凹むけどね。


こんまりさんの本に「プレゼントは相手から気持ちを受け取ったらお役目は終了。その後はどうしようが受け取った人の自由。」みたいなこと書いてあったけど、わたしもこの考え方にはめちゃめちゃ賛成。

そんなのひどいんじゃない?って考えの人もいるけど、手を離れた時点で自分で管理することはできないし、極論、それならあげなければいいじゃんとも思う。
相手には必要ないものなのに持っててほしいと思う方がよっぽど押し付けがましくてひどいよ。



これってもうその人の考え方の問題だから正解はないと思うけど、とりあえずまとめると、
「良かれと思ってプレゼントしたものを処分されたり他の人の手に渡ったりするのは悲しい。でもプレゼントするなら相手にとって迷惑にならないかってことも考慮してプレゼントした方がいい。それが難しければお菓子や入浴剤など消えものにするのがベター。」ですかね。


せっかくの気持ちだもん、やっぱり相手に喜んでもらえる形で届けたいよね。



この記事で紹介したこんまりさんの本はこちら。
この本を実践したらクローゼットに半分以上スペースができて、わたしにはめっちゃ効果がありました。
片付けたいけど片付けられない人にかなりおすすめの一冊です。