ぷーやんの旅ときどき人生。

世界一周から始まった人生という長い旅の記録です。現在は日本に一時帰国中。

とりあえずエチオピアinした件について

サラーム!リアルタイムはエチオピアのメケレにいるよ!ぷーやん(ぷーやん@世界一周 (@puuyaan) | Twitter)です٩( ᐛ )و


いつもまとめてから書こうとするから全然書けずに溜まっていっちゃうので、 今日は流しで書いてみたいと思います。

 

 

カタールを早朝4時に出発して8時にエチオピアのアディスアベバに着きまして、もちろん日本人はわたしだけだったので一人でアライバルビザを取得して荷物を取ろうとレーンを探したらないんですよ。


近くにいたスタッフにカタールからの荷物探してるって言ったら「ここはターミナル2でその荷物はターミナル1だよ」って。

 

ふーん、そっかそっか…


っていやいやいや!


なんで到着と違うターミナルから荷物出てきてんのよ😭

 

 

仕方ないからターミナル1を聞いてまわるも「左出ていけばすぐだよ」って左は工事中の建物だし、散々迷った挙句歩いて10分くらいの距離にありました。
どこがすぐやねーん。


自分の荷物とりたいだけなのにターミナル1に入るのになぜか荷物チェックあるし、なにがどうなってこうなのかよくわからないけど無事メインバッグとご対面して宿に向かうことに。

 


タクシーは高いから相乗りのミニバンを探してると…


運「へい!タクシーかい?」
ぷ『タクシーじゃなくてミニバン探してるの』
運「ミニバンなんてないよ!」
ぷ『いや、橋の下にあるの知ってるから』
運「…ミニバンはあっちだぜ!」

 

と、最終的に教えてくれる運ちゃん。
いい奴なのか悪い奴なのかどっちだよ!

 

 

そこから10分くらい歩いたところに橋を発見。
乗り場っていうか、ただの歩道やんけ…。
途上国あるあるですね。もう慣れたけど。

 

目星をつけてたホテルのあるピアッサ地区に行くバンがわからなかったから、近くにいた可愛い女の子2人組に聞いたら途中まで連れていってくれて「あそこらへんで乗れるはずよ。じゃあね!」ってまじ天使😭

 

客引きがそれぞれ行き先を叫んでいるんだけど現地語のピアッサが聞き取れなくて、手当たり次第「ピアッサ?ピアッサ?」と聞きまくってなんとか乗車。
案の定ぎゅうぎゅうでしんどかったけどお金出すとき隣のお兄さんがわたしの手荷物持ってくれたし、先程の女の子といい空港職員といいエチオピア人みんな優しい。

 

あと、個人的に顔がタイプ( *˙-˙* )
身長が高くて顔が小さくて目はぱっちりしてるし、フィリピン人とか同じアジア人よりエチオピア人の方がわたしはイケると思う(笑)

 

そんなこんなで無事宿に着いて1日目にしてダナキルツアーの申し込みまで済んだんだけど、1日目を終えての感想はエチオピア人ってフランクだなーと。
ツアー会社のドライバーにしかり空港職員にしかりそこらへん歩いてる人にしかりみんな「結婚してる?彼氏はいるの?」って聞いてくる。
おいおい、そんな国初めてだよ…。

 

ツアー会社の1人目のドライバーは初っ端から下ネタ全開で「セックスは好きか!?俺は大好きだ!日本人はなんでヤラないんだ?」とかとかもっと細かいところまで色々聞いてくるし、3人目のドライバーなんて朝バス停までの送迎のときに「ピアス可愛いね」って言いながら耳を触ってくる。
まだ朝の5時前やぞ…。

 

アフリカ人は性欲旺盛で毎日セックスするってどこかのテレビで観たけど、肉食過ぎるやろ!
インド人は痴漢してくるけど、エチオピア人は普通に口説いてくる。
性欲の表現ってこうも違うもんなんですねー、ふむふむ。

 

 

そんな彼らの性欲をかわしつつ、"世界一過酷なツアー"と呼ばれるダナキルツアーに参加するため15時間のバス移動を経てメケレまでやってきたなうです。

雑な記事になってしまったけど、とりあえずアフリカ旅始まってます!
ヴィパッサナー記事まだ書けてない(笑)

では、これから2泊3日のダナキルツアーにいってきまーす!