ぷーやんの旅ときどき人生。

世界一周から始まった人生という長い旅の記録です。現在は日本に一時帰国中。

【世界一周】ベルギーチョコレートを4都市16店舗食べ比べてみた

やほ!ぷーやん(ぷーやん@世界一周 (@puuyaan) | Twitter)です٩( ᐛ )و


板チョコは常にストック、おやつはもちろん仕事中もデスクでチョコレートを食べているほど自称チョコ好きのわたしが、ベルギー国内 4都市16店舗 を食べ歩いて本当においしいベルギーチョコレートを探してきました。


訪れたのは、ブリュッセル・ブルージュ・アントワープ・イーペルの4都市。
ブリュッセルは有名どころが揃っているし、ブルーシュはザクザクのトリュフが特徴的で、アントワープはショコラティエの数は少ないものの個性的なお店が多くて食べ歩くの楽しかった〜。

それではBest of Belgium Chocolateを発表でーす\( ˆoˆ )/


f:id:puuyaan:20180701210735j:plain


1位:Elisa Chocolates(アントワープ)


ベーシックなカカオの形をしたガナッシュのミルクチョコが絶品。もちろん他のチョコレートも全部おいしい。
「なんでこんなにおいしいの?」と聞いてみたところ、「アントワープに2店舗だけ展開している小さなお店だから常に作りたてのおいしいチョコレートを提供できるの!」とのこと。

今までいろんな国のいろんなチョコレートを食べてきたけど、Elisa Chocolatesほどおいしいチョコレートに出会ったことがない。
あまりのおいしさに家族用に買ったチョコをほとんどひとりで食べてしまったほど。

このチョコレートを食べるためだけにもう一度アントワープに行きたい。
そんなベスト・オブ・ベストなベルギーチョコレートです。


2位:THE CHOCOLATE LINE(ブルージュ)


とにかく変わり種が多いTHE CHOCOLATE LINE。スパイスを混ぜた変わり種系のものはあまり好みじゃないけど、日本にインスパイアされたSakeに関してはチョコ×日本酒の最高のコラボレーションだった。

日本酒とチョコレートって合うんですよねー。
アルコール感はほとんどないのでウイスキーボンボンみたいなお酒感のあるチョコレートが苦手な方でも大丈夫です。


3位:Darcis Chocolatier(ブリュッセル)


ほんのりはちみつの味がするバニラガナッシュとミルクチョコのバランスが絶妙
お店としてはトリュフが押しらしく味見させてくれます。
日本人スタッフがいるので、好みを伝えておすすめを聞いてみるのもいいかも。


4位:Pierre Ledent(ブリュッセル)


ぷくっとした赤いハートが可愛くて乙女心がくすぐられるチョコレート。
ホワイトチョコ×シャンパンの爽やかな組み合わせで、口に入れるとほんのりシャンパンの味が広がる大人向けのチョコレート。

グランプラスから少し離れたところにあり、看板も地味でお店がわかりにくく店内のディスプレイもイマイチなのがちょっと残念…。


5位:GODIVA(ブリュッセル)


日本でも超有名なGODIVA。GODIVAはガナッシュがどうとかプラリネがどうとかじゃなく、チョコレートそのものが濃厚でおいしい

どのチョコレートでもハズレがないし(ビターはわたしには甘さが足りないけど)、日本では食べれないGODIVAチョコかけイチゴは最高の贅沢だと思う。
イチゴはミルクとビターをミックスできるけど、個人的にはミルクオンリーがおすすめです。


おまけ:Hill's Donuts(ブルージュ)


チョコレートじゃないけど、甘いものが好きな人にはぜひ食べてほしいドーナツ。しっかり生地感があるのに全然重くなくてペロリと食べれちゃう。
おいしすぎてすぐなくなっちゃったのでひとつしか買わなかったことを後悔しました(笑)

ベルギーのBrugesとMeninとフランスのLilleの3店舗のみ展開しているドーナツ屋さんです。


考察

ベルギーに行く前にベルギーチョコレートについて書かれているブログを読み漁ったけど、Elisa Chocolatesについて書いているブログはなかった。
誰かのブログであるショコラティエがオススメされていたので期待して行ったらたいしたことがなくてがっかりした。
でもそれは決してそのチョコレートがおいしくなかったわけじゃなく、単純に好みの問題だと思っている。


チョコレートに限らず、なんでも自分と感性や好みの合う人がおすすめするものはだいたいハマる。
逆にどんなにその分野に関して長けている人や著名な人が勧めたものであっても好みが合わなかったら自分にとってハマらない。
なのでこの記事ある人にとっては役に立つしある人にとっては役に立たないと思う。
とはいえ、事前情報があるとないとでは違うとは思うのでこの記事がひとりでも多くの人の参考になれば嬉しいです。


ちなみにわたしは大の甘党で(マックのオレンジジュースにガムシロを入れるレベル)、チョコレートはプラリネよりガナッシュ派
普段はMeijiの板チョコを好んで食べます。最近はGhanaのローストミルクも好き♡


PIERRE MARCOLINIはデザインは好きだけど味はあんまり好きじゃない。(好きな人ごめんね)
日本国内で買える輸入ショコラティエの中ではなんだかんだGODIVAが最強だと思っています。


今まで食べたトリュフの中で一番おいしかったのはMathez(マセズ)のプレーントリュフ
500g×2缶セットでしか売ってないけど買った時はたくさんあるのに気がついたらなくなってるレベルでおいしい。


これを書いて思った。

やっぱりチョコレートは最高である。