ぷーやんの旅ときどき人生。

世界一周から始まった人生という長い旅の記録です。現在は日本に一時帰国中。

【LGBTQ】みんなの知らないセクシャルマイノリティーの世界

へろー。
ぷーやんです(・∀・)


よく友達に「LGBTQってよくわかんない!ぷーやんはレズなの?バイなの?」って聞かれるのでわたしなりの認識をまとめてみました。
ちなみにわたしはパンセクシャルです。はい、よくわかんないですね。
それではいってみよー。


LGBTQとは?

レズビアン( LGBTQのL )・・・女性同性愛者。女性として女性が好き。


ゲイ( LGBTQのG )・・・男性同性愛者。男性として男性が好き。海外だとgayは同性愛の意なのでレズビアンも含まれる。


バイセクシャル( LGBTQのB )・・・両性愛者。男性も女性も恋愛対象に入る。


トランスジェンダー( LGBTQのT )・・・生まれた性と本来の性が異なる人。性転換手術をする人もいればしない人もいる。昔はオカマやオナベといわれていたが、最近はMTF(男性→女性)やFTM(女性→男性)といわれる。


クィア・・・( LGBTQのQ )・・・QuestioningとかQueerとか言われてますが、わたしは前者の方がしっくりきます。要は「わかんない」「不明」ってことで、中性の人とかパンセクとかセクシャルフルイディティとかもここに含まれていいんじゃないかなってわたしは思ってます。



LGBT以外の多様なジェンダー

Xジェンダー・・・性的自認が男性でも女性でもない人。中性。女性として生まれている場合はFTX、男性の場合はMTXという。


パンセクシャル・・・全性愛者。相手の性別に関係なく人を好きになる。トランスジェンダーやXジェンダーの人も恋愛対象に入る。


ノンセクシャル・・・無性愛者。恋愛感情は抱くが性的欲求のない人。


アセクシャル・・・無性愛者。恋愛感情も性的欲求もない人。Aセクともいう。


セクシャルフルイディティ・・・セクシャリティや性的アイデンティティが流動的(一定でない)人。心が男性の時もあれば女性の時もあるし、自身の性別や好きになる対象がその時々で変わる人。


オムニセクシャル・・・全性愛者。パンセクシャルが性別関係なく好きになるのに対して、オムニは相手の性別を意識した上ですべての性別が恋愛対象になる。




補足

パンセクシャルとオムニセクシャルの違いってちょっとわかりずらいんですが、パンがall(すべて)に対してオムニはevery(それぞれ)って考えてもらうとわかりやすいかもしれません。
どっちも全部なんだけど、パンセクは「好きになった人が男性だった」でオムニセクシャルは「男性を好きになった」って感じかな。


わたし個人の話をすると、20歳まではノンケ(ストレート=異性愛者)でそれ以降は女性しか受け付けないレズの時もあればまったく恋愛感情や性欲のないAセクの時もあったし、今は「人として魅力的であれば性別は気にしない」のでパンセクだし、これまでの経歴からみるとセクシャルフルイディティなのよね。
わたし自身の性別も戸籍は女性だけど女性の時もあればそうでない時もあるし、複雑過ぎて考えるのがめんどくさいので今はあんまり気にしてないです(笑)


もっと複雑な例をあげれば、MTF(本来の性は女性だけど男性として生まれた人)だけどレズビアンの人もいる。
「男性として生まれて女性が好きならノンケじゃないの?」って思うかもしれないけど、体は男性でも心は女性だから、女性として女性を好きという意味ではレズビアンなんだよね。


あとは、マツコ・デラックスは何になるのかなー。マツコは女装家だけど、男性として男性が好きならゲイだし、心が女性だったらMTFのノンケかな。




セクシャリティって本当に多様で複雑だし、ここに書いたのはあくまでわたしの認識で人によっては違ったりするので、「性別って色々あるんだな」くらいに思ってもらえると幸いです。
わからないことがあればコメントもらえれば可能な範囲でお答えするのでどうぞ。



▼こちらも合わせてどうぞ▼
www.puuyaan.tokyo